健康に生き抜く為の知恵

狭心症を予防するために大切なこと

狭心症と診断を受けた時、人はどれでもショックをうけると思っています。
それは、人にとって最も大切な心臓の病気だからです。

 

そしてそれは、具合が悪いと症状としてよく現れるわけではなく、いきなり胸が痛くなったりするので、そのことでも厄介な病気の一つであるのです。
ほかの病気の場合は、その症状について少しづつ現れることが多く、その自覚症状として捉えることができるのですが、
心臓の場合は、その自覚症状を捉えにくいところがあるのです。

 

そのため、しっかりと予防をして、発症しないように気をつけることが大切です。

 

・狭心症の原因
狭心症は、コレステロールが高い人や、血圧が高い人等、生活習慣病に関係している人がなりやすいリスクを持っています。
そのため、その生活習慣病と診断をされた人は、狭心症になるリスクが高いという人になります。

 

・狭心症になりやすい性格
狭心症は、誰でも発症する危険性があるというわけではありません。
発症をしやすいという人は、その人の性格等が関係していることがあるのです。

 

その一つに神経質は人がなりやすいと言われています。
神経質という人は、それだけその人自身がある出来事に対して、ストレスを抱え込みやすい人ということも言えるのです。

 

そしてその結果、そのストレスが狭心症の症状として現れることがあります。

 

・狭心症の治療と薬
狭心症になった時、その治療としては、カテーテル治療や、点滴、内服薬等が挙げられます。
そのどれも早急に実施することが必要となるのです。

 

そのため、胸の痛みを感じた時には、早急に受診をして、狭心症と診断をされたら、その治療をうけることになります。
そしてそれは殆どの場合、入院をして経過を見ながら治療をすることになるのです。

 

・狭心症の予防
そんな怖い病気の狭心症は、一度なってしまうと、本当にその病気の恐ろしさを感じるようになります。
それは、もしかしたら命を落とすかも知れないという、恐怖を感じてしまうからです。

 

しかし、そのことを意識四イェイるときはいいのですが、また元の生活に戻ってしまうと、同じ事を切り返す危険性があるのです。
そのため、その恐ろしかったと言う記憶を風化させないように、生活習慣をいつも自覚をして、予防をすることが大切です。

暑い夏になると、熱中症の症状をうったえる人が次から次へと後を絶たなくなります。
ここ最近の日本はとても暑くなってしまい、最高気温が35度を超える猛暑日も少なくありません。

 

そんな中屋外で太陽にさらされていたら、誰でも気持ちが悪くなってしまって当たり前です。
また、熱中症は高齢者に多いといいいますがもちろん高齢者だけが気をつけていれば良いというものではなく、誰でも熱中症対策をしていかなければならないです。

 

つまり、夏の間の健康管理は特に重要で、それを怠らないことが熱中症対策になります。
たとえば、血圧を下げる薬を飲んでいる人は、熱中症に要注意です。血圧を下げる薬を飲んでいると放射熱のはたらきが弱くなってしまい、熱中症になりやすいです。
そのバランスについては医療機関で医師の指示を仰がなければいけませんが、血圧の薬など意外なところで熱中症と結びついてしまうことがあります。
それ以外にも、生活習慣ということでは睡眠時間と3食の食事が重要になってきます。

 

睡眠時間が少ないと自律神経が乱れやすいですし、食事を3食とらないと塩分の摂取量が減ってしまいます。
また、こまめな水分補給をすることはもはや言うまでもありません。

 

それを欠いてしまうと体内の水分が少なくなってしまいますので、まずはそれをすることが基本中の基本です。
これらのことがしっかりできないと熱中症の引き金になってしまいますので、十分な注意を払うことが必要です。

 

もしも熱中症が重篤化してしまったら、そのときは救急車を呼んで医療機関を頼ったほうが良いです。
熱中症による死亡例は後を絶ちませんし、自己対処だけでは限界がありますのでそんなときは医療機関の出番です。

 

これだけで熱中症の被害がニュースになっていても「自分は大丈夫」と思い込んでしまって健康管理に注意を向けない人がいます。
熱中症だけではありませんが健康を保ちたいならまずその管理を怠らないことが大事ですし、それができなければ体調を崩しやすいです。

 

そのときに医療機関や薬を頼るのは最終的な手段であり、そうならないようにしっかりと対策をすることが1番大切です。

医療や薬と普段から密接して考えなければいけないのは、やはり高齢者です。
高齢者になれば体に悪いところの1つや2つあるのは当たり前で、それを治そうとしたら必然的に医療や薬を頼ることになります。

 

その中には直接命を脅かすような症状も含まれており、どう対処するかによってその人の寿命が決まってくるとも言えます。
ただ、だからといって見境なく何でもかんでも病院で診察を受ければ良いというものでは決してありません。

 

高齢者が病院を交流の場所のようにとらえてしまうのは、どこの病院でもたびたび問題になることです。本来、病院とは緊急性を要する症状の人から診察を受けなければならないのですが、軽い症状の人がちょっとした理由で診察をしてしまうとその優先順位が崩れてしまいます。

 

また、診察するということはそれだけ健康保険をかける割合が増してしまうということですから、医療費、薬剤費にかかるお金の負担も同時に増してしまいます。
ですから、高齢者は本当に必要なときだけ病院へ行かなければなりませんし、極力病院へ行かなくても良いよう普段から健康管理をしておかなければならないのです。
これは都会、地方、どちらにも共通する問題で、高齢者の意識が変わらなければ解決しないことです。
そのためには、診察をしたときに医師が症状に対する適切な説明をしなければならず、それを怠ってしまうといつまでも高齢者は病院を頼ってしまいます。

 

病院は治療に特化した施設ですからそれ以外の目的で利用することはなるべく控えてもらわなければ困りますし、
全国各地でそうした現象が起こってしまったら医療に対する負担はもっと大きくなってしまいます。

 

日本ほど高齢化の進んでいる国も他にはなかなかないため、だからこそ高齢者の健康や医療や薬に対する考え方が非常に重要になってきます。
その部分がしっかりしていないとこれからの医療はジリ貧になってしまいますし、場合によっては行政の予算を圧迫してしまうこともあります。

 

それは国民にとって間違いなくデメリットですので、高齢者の健康や医療や薬に対する意識を正しく持ってもらうことが必須です。

私は医療職です。
そのため病気の時や健康を保てない時には積極的に医療と薬を使用することは良いことだと思っています。

 

しかし、最近自然派志向の方が増え、病院で治療を受けることを好まない人も増えています。
病気になる前に健康的な生活で、免疫力などを高めることが大切で、何かあった時には、自然療法でと考える人も少なくないのです。

 

私の子どもの同世代のお母さんで、子供に一切の予防接種を受けさせていない方がいます。
この方はアレルギーが強く、自分が食べ物や注射など凄く気をつけなければいけなかったということがあり、予防接種についてもその副作用等が怖いので、受けずになるべく自然に免疫力を高め病気を予防していきたいという方でした。

 

私はそこまで子供の健康に気遣って育児していくことは大変だろうし、素晴らしい考えを持っているなと思いました。
しかし、私はやはり予防接種は大切だと考えます。
なぜなら、それで予防できるからこそある注射ですし、注射をすることで子供を守ることができるのです。

 

また症状が出たとしても症状を最小限に抑えることもできるからです。
その子供はあるときに予防接種をしていなかったために麻疹になりました。

 

症状はひどく、結局は病院に入院するほどでした。そこで医師からも言われたそうです。
予防接種は世界的にも確立されているから、大丈夫。むしろ受けないことの方が病気のリスクが高まり危険なんですよと。

 

また必要な時に病院に行こうと決断することも大切、そうすれば、症状が重くなる前に治療をすることができて、結局子供はつらい思いをしなくていいんですよと。
予防接種に関する考えは結局彼女だけの考えであり、子供の事を第一に考えたら、やはり必要なのかなと、そこから彼女の考えは少しずつ変化していきました。

 

私も自然に免疫力を高めること、そして抵抗力をつけることはとても大切なことだと思います。
でも、免疫力だけではどうにもならないことがあるのです。

 

そのために、健康を維持していくためには、時には医療と薬を積極的に使用していくことが大切だと思います。

健康な暮らしを送る上では、医療や薬とはうまく付き合っていくことが求められます。
薬なども過剰に摂取していては、健康によくありません。しかし、うまく生活に取り入れれば、健康的な生活の質を高めることになるのです。

 

たとえば、1年に1度健康診断を受けるという人も多いと思われます。
この時には、その結果をしっかりと受け止めて、場合によっては、医療機関で受診したり、薬を飲んだりするといいでしょう。

 

1年に1度の健康診断も、受診するだけではその結果が活かされるとはいえないのです。
やはり、結果に応じて、きちんと医療にかかるといいでしょう。

 

また、持病があるという人も多いと思われます。そういった人たちは、医療機関にかかって薬を飲むようにするだけで、生活の質が高まると思われます。
現在は医療の質も高まっています。

 

医療とうまく付き合うようにすれば、持病があっても、生活に制限を設けることは不要であることも多いのです。
薬によって不快な症状が改善されるのなら、積極的に薬に頼るのもよいといえるでしょう。

 

ただ、薬というものは、飲み合わせや過剰摂取が問題になりがちです。特に飲み合わせというものには気をつけたほうがいいでしょう。
薬の飲み合わせというものは、薬の効き目を少なくしてしまうこともあれば、重大な副作用を起こしてしまうこともあります。

 

特に、持病があって普段から薬を飲んでいる人は、他の症状で医療機関にかかる場合には気をつけたほうがいいでしょう。
この時には、お薬手帳などを活用するといいでしょう。

 

普段飲んでいる薬の状況を医師に見せるようにすれば、飲み合わせの問題は予防できると思われるのです。
また、市販薬を服用するときにも、飲み合わせや過剰摂取に気をつけたほうがいいでしょう。

 

そして、医療機関で処方された薬を飲んでいる場合には、薬剤師にお薬手帳を見せたりして、相談してみるといいでしょう。
市販薬も、処方薬との飲み合わせなどが問題となることがあります。そして、そのことは、薬剤師に相談することで予防できると思われるのです。

 

医療や薬というものは、うまく付き合えば、生活の質を高めてくれるのです。そして、健康な暮らしに欠かせないものとなるのです。